2016.12.21イラストレーター

Illustratorのドキュメントウィンドウの表示切り替えについて

Illustratorではドキュメントウィンドウのレイアウトを変更することができる。同時に複数のドキュメントを編集したいときや自分が編集しているドキュメントを並べて見たいときなど、状況によって適当なレイアウトに変更できる


デフォル設定では


デフォルとの設定では、ウィンドウ内に一つのドキュメントが表示されるようになっている。複数のドキュメントを開いた場合、タブとして表示される。


同時に複数のドキュメントを表示させたい場合、タブをクリックしたまま、ウィンドウの外にドラッグ&ドロップする。そうすると、そのタブのドキュメントが別のウィンドウとして画面に表示される。


ドキュメントレイアウト機能が便利!


同時に複数のドキュメントを表示させたい場合、別ウィンドウに切り離せばいいことはわかっただろう。しかし、ここで一つ問題が起こる。それは、5個や10個、もしくはそれ以上のドキュメントを同時に表示させたいと思ったときに、このやり方だと非常に非効率的であるということだ。

でも、安心してください。こんな問題を解決するために、アプリケーションバーにある「ドキュメントレイアウト」ボタンがある。


このボタンをクリックすると、レイアウトのテンプレートが複数出て来る。自分の使いたいレイアウトをクリックだけで、ドキュメントのレイアウトが切り替わる。

↑2アップ

↑4アップ

↑すべてを横に並べる

↑すべてを上下に並べる

このように選んだレイアウトによって、ドキュメントの表示が切り替わります。あまり多くのドキュメントを同時に表示させようとすると、一つあたりの表示面積が小さくなってしまいます。そうすると、比較や作業がやりにくくなるので気をつけてください。どれくらいが最適なのかは画面のサイズによって違いますが、4個のドキュメントを同時に表示するくらいがちょうどいいのではないでしょうか。

ニュース記事一覧

全ての記事を見る