Illustratorの選択系ツールをまとめて理解する

2016.12.31イラストレーター

Illustratorの選択系ツールをまとめて理解する

イラストレーターでのパスを組み合わせてデザインしていきます。パスを描画系ツールで作るだけでなく、選択系ツールで移動したりもします。どのようにパスを選択するかによって、移動や変形などの結果はまったく違うものになります。だから、選択系ツールの個々の特徴をしっかりと理解し、使いわけることが重要になります。

選択系ツールは5つ


イラレのツールパネルにある選択系ツールは5つあります。それではそれぞれの特徴と使い方を見ていきましょう。

選択ツール


「選択ツール」とは、オブジェクトをクリックするとその全体が選択された状態になるツールです。グループ化してあるオブジェクトをクリックすると、グループ全体が選択されます。オブジェクトをそのまま移動させたり回転させたりするのに便利です

ダイレクト選択ツール


「ダイレクト選択ツール」とは、クリックしたアンカーポイントやセグメントが選択された状態になるツールです。パスの一部を変形したり移動させたりするのに便利です。

グループ選択ツール


「グループ選択ツール」とは、1回目でクリックしたオブジェクトだけ、2回目でグループのオブジェクト全体が選択された状態になるツールです。グループ化されたオブジェクトの中で、一部のオブジェクトを移動や回転したいときに便利です。

自動選択ツール


「自動選択ツール」とは、選択したオブジェクトを同じ属性であるオブジェクトを全て選択された状態にするツールです。同じ属性のオブジェクでカラーを変えたい場合などに1つ1つ選択していかなくいいので非常に重宝します。

なげなわツール


「なげなわツール」とは、なげなわのようにオブジェクトを囲うことでオブジェクトを選択された状態にできるツールです。一部でもなわの内側にあれば選択されます。重なっている複数のオブジェクトをまとめて選択したいときに便利です。アンカーポイントが選択された状態になるので、「ダイレクト選択ツール」などに切り替えて作業したりします。

まとめ


それぞれの選択系ツールの特徴は理解できたでしょうか。イラレを使う上でこれらを使いこなせて当然です。ここでしっかりと理解し、イラレの知識をどんどん増やしていきましょう。