Illustratorでモノクロ画像に色をつける

2017.1.3イラストレーター

Illustratorでモノクロ画像に色をつける

イラストレーターにはJPEGなどで保存されたモノクロ画像に色をつける機能があります。つまり、著作権フリーの画像や手書きの絵のスキャンを自由自在に色つけできるということです。どうすればそんなことができるのでしょうか。

画像トレースとは


モノクロ画像に色づけするには、画像トレース機能を使います。この機能は、画像をなぞってラスター(ビットマップ)画像をベクター画像に自動的に変換してくれます。画像がパスに変わるので、色づけだけでなく変形などの操作もできます。この機能をマスターすると、イラレの使い方の幅が大きく広がります。

画像トレースの手順


それでは実際にモノクロ画像に色をつけていきましょう。

1.アートボードを作る


まずは、アートボードを作成します。メニューバー「ファイル」>「新規」をクリックします。新規ドキュメントのダイアログボックスが表示されるので、プロファイルなどを設定し「OK」を押します。

2.モノクロ画像を配置する


アートボードを作ったら、モノクロ画像を配置します。そのために、メニューバー「ファイル」>「配置」をクリックします。


モノクロ画像を選択し、「配置」をクリックします。そうすると、アートボードにモノクロ画像が配置されます。

3.画像トレースを作成する


画像の配置ができたら、コントロールパネルから画像トレースを作成します。コントロールパネルの「画像トレース」ボタンをクリックすると、画像トレースの結果が表示されます。

4. 画像トレースを調整する


画像トレースを実行したら、トレースの仕上がりを調整できます。単純な画像をトレースしている場合は調整は不必要なこともあります。複雑な画像をトレースしている場合は、「画像トレースパネル」を表示して「詳細」からパスやコーナーの値を設定しましょう。

5. 拡張する


トレースの仕上がりを調整できたら、トレース結果をベクター画像に変更します。そのために、コントロールパネルの「拡張」ボタンをクリックします。画像がパスの表示になります。

6. ライブペイントツールを使う


モノクロ画像がパスになったら、色をつけることができます。ただし、トレースを行うとパスが複雑になっているので、アピアランスで線や塗りの色を変える方法ではうまくいきません。そこで、「ライブペイントツール」を使います。このツールでは、閉じているパスに色をつけることができます。

まとめ


ここでは、モノクロ画像に色をつける方法を説明してきました。この機能を使って、デザインの幅を広げていただきたいです。

ニュース記事一覧

全ての記事を見る